35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

太ももダイエット

産後におすすめしたいダイエット

内もも痩せダイエットの正しいやり方はどれ?

投稿日:

太もものシェイプアップで重要となるのが内もも痩せです。
しかし、王道のスクワットなどをやっても、この部分を直接的に鍛えていくのはなかなか難しいです。
むしろ、内もも痩せにフォーカスした筋トレなどをした方はさほど多くないのではないでしょうか?
しかし、やり方をいちど覚えてしまえば、誰でも簡単に内もも痩せダイエットをすることができます。

内もも痩せダイエットはこのやり方が効果的!続けることで期待できる意外なメリット

この記事では、内もも痩せダイエットする上で知っておきたい正しいやり方について詳しく見ていきます。
また、内もも痩せを行っていくことで、関連してあるメリットがあると言われています。
ここではそれについても一緒に触れていきます。
部分痩せの中でも太ももは多くの方の需要があるんですね。

内もも痩せダイエットはなぜ重要?

そもそも、内股と言うのは、太ももの内側のことを指しています。
普段ですとこの部分と言うのは、デニムを履いていたりスカートやワンピースなどで隠れるところですよね。
ですが、露出の多い夏なので水着になったりショートパンツを吐いたりすると、かなり目立つポイントでもあります。

もしも内もも痩せができていない太った状態のままだと、せっかくかわいい水着のデザインも、うまく映えない場合だってありますよね。
それを隠す為にパラオを活用したり、内股が目立たないようにするための水着を購入するようになったり、色々とストレスになることだってあります。

ちなみに、内もも痩せを行う上では、内転筋を鍛えていくことが効果的となります。
内転筋と言うのは、内股の筋肉のことであり、役割としては骨盤や太ももをつなぐ働きをします。
このような働きが関連することから、内転筋が弱っていると骨盤が変な形で広がる確率が高くなります。
そうなってくるとその空いたスペースに余分な脂肪がつきやすくなったり、内臓の位置がずれて代謝が低下することもあります。

ちなみにですが、人によっては、椅子に座ったときに太ももを揃えようとするとそれが辛いと感じることがあると思います。
このように感じた場合は、内転筋が少し弱くなっている可能性があります。
このほかにも、歩く癖で内股で歩く癖があったり、まっすぐ立ち上がったときに膝が内側に向く方もいらっしゃると思いますが、こちらも内転筋が弱っている証拠です。
太ももが太いと、ご自身の食生活を指摘しがちですが、それだけではなくこの内転筋の弱さも深く関係しているかもしれません。

内転筋を鍛えるといっても、あまり経験がない方も少なくないでしょう。
ですが安心してください、内転筋を鍛えるための方法も、ここではご紹介していきます。

また、もしも内もも痩せを行いながら内転筋を強化していくことができれば、その時に得られるダイエット効果にとどまらず、今後太りにくく痩せやすい身体をゲットすることができるかもしれません♪

内もも痩せダイエットのやり方は様々

内もも痩せダイエットではいろんなやり方があります。
ここではそのいくつかのやり方をご紹介していきますので、まずは自分に合ったものを試してみてくださいね。

がに股体操

まずは立ち上がった状態で両方の足を大きく開きつま先を真横に向けるイメージで立ちます。
それができましたら、そのままゆっくりと腰をましたに落とします。
きつくない位で腰を落とせたら、その状態をキープしてバスケットのドリブルのようにボールを上下にバウンドさせるように腰を上下に動かしていきます。
これを1分間程度やります。
そしたらそのまま手を床について同じ動きを行います。
この運動をする際は、体が前のめりにならないように注意しましょう。

内転筋を伸ばすストレッチ

内転筋をひたすら鍛えていくだけでなく、ストレッチしていくことも大切です。
やり方は非常に簡単です。
まずは床に座ります。両足を広げて左足の膝を曲げて体に近づけます。
今度は右足は斜め前にまっすぐと伸ばします。
その状態で右足のかかとと左足のすねと上半身の腕の3つのポイントを意識しながら体を前にゆっくりと倒していきます。
この時ゆっくりと呼吸をしながら行います。
これを反対側の足でもおこないます。

内転筋スクワット

まずは腰の広さに足を開きます。胸を張ってしっかりと前を向き、お尻を突き出すように腰をましたにおろしていきます。
こういった基本的な動作は普通のスクワットと同じなのですが、内転筋を鍛える際のポイントとしては、重心をかかとに乗せるような感じです。
腰をおろしたりあげたりする際、重心が足の親指に行ったりしてしまわないようにしましょう。
またやっている最中に胸がだんだんと下を向いてしまうことがありますが、そうならないように胸を張ることを心がけましょう。
スクワット

内もも痩せダイエットだけじゃなく食事の見直しも行わなければいけない

内もも痩せダイエットをすると言う事は、少なくとも太ももを細くしたいという思いがあるかと思います。
もしそうなのであれば、内もも痩せダイエットとしてご紹介したエクササイズをするだけでなく、あなたの食生活もいちど見直す必要があるかもしれません。

何故かと言うと、もし今あなたが太もものサイズが太くて悩んでいるのであれば、それは、運動不足が関わっていると言うよりは、そのほとんどが食事による影響であると考えられるからです。
例えばですが、全く運動をしていなくても、私たち人間は食事をしなければ勝手に痩せていきます。
逆に、一生懸命スクワットをしたりストレッチなどをしていても、食事を必要以上に食べてしまっていてはおそらくカロリーの過剰摂取で太っていくでしょう。

今あなたがこのような状況になってしまっているのは、今まで内もも痩せダイエットをしなかったせいではありません。
食事によってカロリーを余分に摂取しすぎてしまっている可能性が高いと考えられます。
だからこそ、内もも痩せダイエットをしていても、根本的な原因である食事が改善されなければ、内もも痩せダイエットを行っていても± 0で終わってしまうか、もしくは運動を頑張っているのになかなか細くならない。と言う最悪の結果となってしまうかもしれません。
それだけは絶対に避けたいですよね。
内もも痩せダイエットをがんばって続け多分しっかりと結果を実感したいと思うはずです。
もしそうであれば、内もも痩せダイエットをエクササイズだけで行うのではなく、今までよくなかった食事の見直しをしっかりと行うことが重要です。

産後ママは食べなさすぎに要注意

出産後の授乳中のママの場合、栄養失調になればその影響が直接母乳を求める赤ちゃんにも出てしまいます。
確かに太ももを細くするためにはカロリーコントロールが重要ですが、かといって短期的な結果を求めて断食系のダイエットをするのは危険です。
これには、赤ちゃんへの栄養供給に悪影響が出る心配があるだけでなく、断食系のダイエットと言うのは、体の筋肉を分解していってしまうので、短期的に大きな結果が出ても、筋肉量がどんどん減っていくので長期的に見ると痩せにくく太りやすい体の状態になってしまいます。
だからこそ断食系のダイエットは一定期間で停滞期に入りやすく、ダイエットに成功してもすぐに元に戻りやすいんです。

いろんな意味でも極端な断食系のダイエットは危険ですので、食事の見直しは適度に食べてカロリーを抑えることを第一ボタンとして行うのがオススメです。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-産後におすすめしたいダイエット

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.