35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

枝豆

美容 健康

授乳中は枝豆がオススメ!その理由とは

投稿日:

枝豆と言えばお酒のおつまみですよね。
そんなお酒に対するイメージが強い枝豆ですが、実は出産後の授乳中の方に対しても大変お勧めの食べ物なんです。
この記事では、授乳中の方に対して枝豆がオススメな理由や、摂取の際に気をつけたい注意点などについてお話ししていきます。

出産後の授乳中にお勧めの枝豆!その理由と気をつけたい注意点

枝豆が嫌いではないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
おいしそうな枝豆

枝豆にはどんなメリットがある?

枝豆はビールのおつまみなどによく選ばれる食べ物ですが、それ自体は不健康なイメージはありませんよね。
そんな枝豆は、美容や健康をサポートしてくれる様々な栄養があると言われており、一時期はお酒のおつまみ以外でも女性を中心に選ばれる機会が多かった食べ物でもあります。

出産後のママにこそ枝豆がオススメ!

枝豆のメリットはそれだけではありません。
枝豆のメリットとして有名なのが葉酸と言う栄養が豊富に含まれていると言うことです。
すでに子供を出産されている方であれば、葉酸の重要性についてはよくご存知の方も多いと思います。
葉酸が重要であるのは妊娠初期の頃だけでなく、妊娠期間を通してはもちろんのこと、出産後の母乳育児をしている時にも非常に重要であることがわかっています。
なぜならば、赤ちゃん葉酸が重要であるのは妊娠初期の頃だけでなく、妊娠期間を通してはもちろんのこと、出産後の母乳育児をしている時にも非常に重要であることがわかっています。
なぜならば、まず葉酸の重要性として小さな赤ちゃんの細胞分裂をサポートすると言う利点があります。
この細胞分裂と言うのは、内臓などの様々な臓器ができる妊娠初期の頃だけでなく、これからどんどん成長していく赤ちゃんにとっては、お母さんのお腹から出た後も重要になってくるものなのです。
そんな細胞分裂のサポートをしてくれる葉酸は、母乳育児をするならば、この時も重要になってくるということです。

そんな大事な時期に積極的に葉酸を摂取することができれば、健康的な赤ちゃんの成長をサポートすることにつながります。
元気に成長していってほしいと願うお母さんにとっては、このメリットは非常に大きいのではないでしょうか?

枝豆の食べ過ぎは注意して!

枝豆は基本的に妊娠中でもお勧めされる食べ物ですが、食べ過ぎはあまり良くないとされています。
その理由としては、塩分の過剰摂取につながってしまう恐れがあるからです。

枝豆を単体で選んで枝豆の食べ過ぎは注意して!

枝豆は基本的に妊娠中でもオススメされる食べ物ですが、食べ過ぎはあまり良くないとされています。
その理由としては、塩分の過剰摂取につながってしまう恐れがあるからです。
枝豆を単体で食べていれば問題ないですが、枝豆をおいしく食べるためには塩を追加することがポイントになりますよね。
もしそのような状態の枝豆をたくさんとってしまうと、塩分の過剰摂取につながり出産後のむくみを悪化させるだけでなく、血液の状態が悪くなるため間接的に赤ちゃんにマイナス要素が増えてしまうことも考えられます。

大事なことなので改めてお伝えしますが、枝豆を食べてはいけないわけではありません。
関連して塩分の過剰摂取にならないように注意する必要があるということです。

イソフラボン過剰摂取による女性ホルモンのバランスの乱れ

妊娠期間だけでなく出産後の授乳期間中も、ママの女性ホルモンのバランスと言うのは重要となります。
実は枝豆に含まれるイソフラボンと言う栄養は、ママの体の中で女性ホルモンに似た働きをしてくれるため、過剰に摂取すると女性ホルモンのバランスに悪影響が及ぶ可能性が心配されています。

先程の塩の話に加えて、イソフラボンの過剰摂取のリスクもあるため、いずれにしても枝豆はほどほどに食べることをおすすめします。
むいた枝豆

枝豆の食べ過ぎは赤ちゃんに悪影響はないの?

ミルク育児をされている方であれば特に気にすることはないと思います。
しかし、母乳育児をしている方であれば、ご自身が食べたり飲んだりしたものが赤ちゃんに直結することもあります。
そのため枝豆の食べ過ぎが赤ちゃんに何か影響を及ぼさないか心配になってしまう方もいると思います。
これにつきましては、大豆アレルギーの心配がありそうですが、現段階では枝豆の食べ過ぎにより子供が大豆アレルギーになると言う断定的なものは無いそうです。
傾向として大豆食品の食べ過ぎにより子供が大豆アレルギーになりやすい。と言う統計情報もあるようですが、あくまでそれは妊娠期間中の話であり、出産後の授乳中に過剰摂取をしたからといって子供が大豆アレルギーになると言う話は特にないようです。
なのでそこの心配をする必要はありませんが、ひとつ前の段落でお伝えしたように塩分やイソフラボンの過剰摂取になってしまうとそれはよくないので、いずれにしても枝豆は少しずつほどほどに食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-美容, 健康

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.