35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

おじいちゃんとおばあちゃんと孫

体験談

ばあば大好きな娘ですが、最後はママに戻ってきます

更新日:

2歳の娘がいる専業主婦です。
娘が生後3ヶ月のときに実家へ連れて帰りました。

新幹線の距離なので頻繁に帰ることはできませんが、帰省するときは1ヶ月ほど滞在してきます。
娘は私の両親にとって初孫で、とてもかわいがってくれますし、オムツ交換や食事介助などの世話もやってくれるのでとても助かっています。

父に限っては、私と兄が子どもの頃には何もしなかったようですが、その変わりように母は驚いています。
そんなじいじとばあばが大好きな娘なのですが、実家に帰るととにかく私の母から離れません。

ばあばの姿が少しでも見えないものなら「ばあばー!」と大声で叫び、部屋中のドアを開けまくります。
おかげでドアノブもレバーハンドルも自分で開けられるようになり、開き戸も引き戸も開閉できるようになりました。

時には、母がトイレに入っているときも行こうとして、母の用を足すところもばっちり見てしまったことがあります。
実家は和式トイレなので、もろ見えだったみたいです。
鍵をかけていなかった母も困りものですが、普段は夫婦2人だけの生活なので習慣化されており、その後も何度か娘に見られたようです。

あとは、お風呂にも一緒に入りたがります。
母がパートで遅くなるので、お風呂はゆっくり入ってほしいと思い、娘と私は夕方に先に入りました。
しかし、母が帰ってきてお風呂に入ろうとすると娘も居間で全裸になり、そろ~りと風呂場に入っていきます。
母が湯船に浸かっているときなら入ってきてもわかるのですが、髪を洗っているとドアに背を向けた形になるし、シャワーの音でドアが開いた音も聞こえず、急に娘が触るものだからとてもびっくりしたそうです。

それでも母は怒りません。どんなに疲れていても母は嫌な顔1つせず、とことん娘に付き合ってくれます。
料理中でも、いんげんの筋をとる手伝いをさせたり、庭いじり中なら庭先の石ころで遊ばせています。

眠るときは絵本を何冊でも読んでくれ、食事中は父の晩酌の相手をしながらも娘の魚の骨を取ったりしてくれます。
だから娘が懐くのだと思います。

庭の草むしりをしていると中から鍵をかけてあけてくれないことも・・・。子供は親のリアクションを楽しむと言いますが、当人からしたら大変!大声を上げていると近所からも変に思われるし、変なリアクションをすると余計に面白がって・・・

いたずらしてにこにこの女の子

しかし、こんなに母に付きまとっているにも関わらず、やっぱり寝るときはママと一緒じゃなきゃダメなようです。
母と娘と私の3人で川の字になって寝るのですが、絵本を母に読んでもらった後は、私のほうへ転がってきます。

授乳中だったため、おっぱいがほしいからかと思っていましたが、もう飲んでいない今でも最後はやっぱり私のところに来ます。
そして、朝起きたらまた「ばあばー!」が始まります。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-体験談

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.