35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

お腹が痛い

健康 身体のトラブル

後陣痛は産後の腹部の痛みとして当たり前?どう対処するの?

投稿日:

出産の痛みに比べるとマシだからと下腹部の痛みに我慢をしていませんか?この痛みは後陣痛という名前で、産後に多くのママさんに起こる現象です。この後陣痛を知らないと、痛みがどんなものなのか不安になったり、いつまで続くのか心配になったりします。このページでは後陣痛のことを特集しようと思います。

腹痛を起こす女性

産後の後陣痛とは一体どういったもの?

産後に起こる腹痛のほとんどがこの後陣痛といわれるくらいメジャーなものなのですが、意外と知らない方もおられるのでこの項目で説明していきます。
妊娠して臨月になってくると子宮の大きさがぐっと大きくなり、その差というのは妊娠初期と比べても約5倍の違いがあります。体積(容積)で換算すると500~1000倍もの違いが出てくるのです。出産が終わると大きくなっていた子宮を元の状態へと戻すために子宮収縮という現象が起こります。後陣痛というのはこの子宮収縮が起こる際の痛みなんですね。ちなみにこの子宮収縮を子宮復古とも呼ばれています。
痛み自体は個人差があり、その痛みを例えるならば生理痛に似た鈍い痛みだとか、ぐんぐんくるような腹痛だと多くの方は表現されます。
後陣痛という名前から陣痛のようなものだと勘違いされているかもしれませんが、陣痛よりは痛みとしても弱く、耐えれる痛みなのですが長い間痛むようだと不安に感じたり、この痛みはなんなんだと心配される方も少なくはありません。

後陣痛はいつまで続くのか、その原因は?

基本的には出産が終わってから2、3日程度で痛みは治まると言われているのですが、個人差があるので1週間くらい痛みが継続する方もおられます。
出産当日が後陣痛に悩まされるパターンとして一番多いようですね。

経産婦の場合

後陣痛は初産の方よりも経産婦さんの方が痛みを感じやすいと言われています。これには理由があり、一度は子宮が伸びることを記憶しており、伸縮しやすくなっているのでその状態から元に戻るためには以前より強い収縮が必要になっていくためなんです。
経産婦の中でも双子や三つ子などの多胎妊娠なども後陣痛の痛みは強くなる傾向になり、同じ理由で羊水の量が多くなる羊水過多症なども痛みは強くなります。

帝王切開での出産の場合

では帝王切開の場合を考えてみましょう。帝王切開での出産の場合はほとんど陣痛はないので後陣痛もなうのではと考える方もいると思いますが、帝王切開のケースも後陣痛は起こるんです。
どんな出産方法でも子宮は大きくなり胎児は成長していきます。産後にそういった状態の子宮は元の状態に戻すためにも子宮復古は必要な行程なんです。
むしろ帝王切開での出産経験者の方のほうが後陣痛に加えて術後の傷跡の痛みも加わるので、総合的に痛みを感じやすいと言えるかもしれません。

後陣痛の対処法

このように後陣痛というのは産後にママさんの身体を回復させようとしている大事な行程なのですが、やはり痛みに耐えるのがつらいという方もおられるでしょう。体が回復してくれるのはうれしいけれど育児や家事に支障が出るよと思う場合もあると思います。

この項目では後陣痛の痛みを緩和させるにはどうしたらいいかを考えてみようと思います。
後陣痛の痛みを緩和させるためには

  • 血行を良くする
  • クッションなどを下腹部にあてうつぶせに寝る
  • 子宮周辺のマッサージ
  • お医者様に痛みどめを処方してもらう

このような対処法が有効だと言われています。

血行を良くする

後陣痛の痛みは子宮周辺の血行を良くすることで緩和しやすくなり、血行を良くするために温めてあげることでも痛みは弱くなっていきます。
血液は体を巡っているので、手足の付け根の部分を温めると効率的に体全体が温まると言われています。もちろん手足の先など冷えやすい部分も温めてくださいね。
それと同じ意味でも体が冷えないようにすることも重要になります。
お腹周辺を温めるために腹巻やカイロなどで温めることも有効です。
また温かい飲み物をなるべく飲むというのも有効ですが、中には温度は温かくても体を冷やしやすい飲み物もあるので注意してください。

クッションなどを下腹部にあてうつぶせに寝る

少し強引な方法ですが、子宮周辺をクッション等で圧迫してあげると多少後陣痛の痛みが緩和できると言われています。ただし強い圧迫はしないようにしてあげてください。この加減が難しいのですが、この方法はあくまで痛みが消えるというようなものではなく痛みを緩和させる程度のものなので、強すぎる力は避けるようにしましょう。

子宮周辺のマッサージ

子宮周辺のマッサージは血流の改善とリラックス効果両方が得ることができます。この血流改善とリラックス効果の両方が後陣痛の痛みの緩和に有効だとされています。このマッサージの際にアロマオイルなどを使うとよりリラックスでき、精神的なストレスの緩和にもなるのでおすすめです。

お医者様に痛みどめを処方してもらう

最後はやはりお医者様に痛みどめを処方してもらうということが対処法としてあげられます。
後陣痛の痛みは個人差があり、日常生活に支障が出るような場合は病院でお医者様に相談するようにしてください。たとえそれが後陣痛なので誰でも起こるものなので我慢してくださいと言われていても、痛みがきついようなら痛みどめを処方するようにお願いするほうがいいと思います。
後陣痛のことを知らずに、いつもの生理痛の痛みだろうと市販薬を飲むよりは安全な薬を処方されるのでお医者様をしっかりと頼るようにしましょう。

腹痛に悩むママさん
産後の腹痛ってなぜ起こる?子宮収縮や悪露は大丈夫なの?

ようやく出産が終わったのに、お腹が痛くて・・・。 そんな腹痛に悩まされるママさんが実は多いんです。腹痛といっても様々な原因や様子を見ればいいものから医師に相談しなければならないケースもあるので、不安に ...

スポンサーリンク

関連ページと広告



-健康, 身体のトラブル

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.