にほんブログ村 子育てブログへ

育児

赤ちゃんにとっての紫外線はやけどクラス?対策を考えよう!

赤ちゃんに紫外線は大敵と言われるようになって、肌へのダメージや負担をママやパパが何とかしてあげることが必要になってきました。
今回は気温も温かくなってきて、赤ちゃんとのお散歩や外出が増える時期の前に赤ちゃんにとっての紫外線ということをクローズアップして特集したいと思います。

赤ちゃんがお散歩で日光浴するさま

赤ちゃんの頃から紫外線対策して肌を守ってあげよう!

赤ちゃんが生後3ヶ月もすぎるとお出かけしてもいい段階に入るのですが、その際に考えたいのが赤ちゃんへの紫外線の影響です。

紫外線というのは私たち大人にとっては何年後かにしわやしみなど肌へのダメージが蓄積されて大変なことになるから対策しなくちゃと思わせてくれるものですが、パパやママが赤ちゃんのための紫外線対策を考えなくてはいけない時代になっているんですね。

女性は紫外線対策をしっかりと行わなきゃと思っている方も多いと思いますが、実は赤ちゃんの方が紫外線によるお肌のダメージや負担は大きいんです。

赤ちゃんに日光浴は必要?

昔は日光浴をすると体にいいと言われていた時代があったし、子供の日焼けというのは健康にもいいんだという風潮がありましたが、それらに科学的な根拠はないとされたのに衝撃を受けたことがあるのは私だけじゃないと思います。
まさか紫外線がDNAを傷つけるなんて驚きですよね。
昔は、日光浴が子供の抵抗力を高めるとか、骨の発育を助けるなど赤ちゃんはできるだけ太陽の光を浴びさせたほうが良いということを言われていました。
しかし、様々な研究の結果なるべく紫外線は浴びないほうが良いと真逆のことが言われるようになったんです。

公園で遊ぶ赤ちゃん

赤ちゃんの紫外線対策

赤ちゃんに対してできる主な紫外線対策としてはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 赤ちゃん用の日焼け止め
  • 外出する時間帯に気を付ける
  • ベビーカーなどに日よけを

赤ちゃんの紫外線対策としてはこういったものが主なものとしてあげることができます。

赤ちゃん用の日焼け止め

現在では赤ちゃん用の日焼け止めも多くのメーカーから販売されるようになってきています。
それらの中から赤ちゃんにできるだけいいものを選びたいと思っていても、なかなかどういった基準で選べばいいのかわからなかったりもします。
そういった場合は成分がノンケミカルなどの紫外線吸収剤などが配合されていないものを選ぶといいですよ。
腕や足などに日焼け止めを塗っても、赤ちゃんはその部分をなめたりすることもあります。目をこすったりなどということも考慮してできるだけ悪影響のないオーガニック製品を選ぶといいと思います。

外出する時間帯に気を付ける

赤ちゃんを連れてのお散歩や外出はなるべく紫外線の強い時間帯を避けるというのも立派な紫外線対策と言えるでしょう。
時間帯や天候によって紫外線を受けるリスクはかなり変わってきます。

ベビーカーなどに日よけを

最近のベビーカーは太陽の光から赤ちゃんを守るためのシェードがついているものも多くあるのですが、それでも角度や場所によってはさらに日よけの工夫をした方がいい場合もあります。
赤ちゃんが見えなくなって心配だなどの声もあるようですが、赤ちゃんが紫外線を浴びるリスクを考えると日よけをつけたほうがいいと思いますよ。

赤ちゃんとベビーカー

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使っていいの?

赤ちゃんのお肌というのは大人の肌よりも弱く、皮膚の厚さは大人の1/3くらいだと言われています。さらに水分量も少なく敏感なので、日焼け止めも大人用ではなく赤ちゃん用のものを使う方がいいんですね。では、いつから赤ちゃんは日焼け止めを使ってもいいのでしょうか。
赤ちゃんの肌を考えると生後3か月くらいは日焼け止めの使用は控えたほうがいいでしょう。
ただし、赤ちゃんにとって紫外線というのはやけどにも近いダメージだと言われています。お肌の防衛機能もまだ未熟な赤ちゃんは日焼け止めが必要になるという世間の声はこういった内容からも来ているんですね。

赤ちゃん用の日焼け止めを使ったほうがいい時期は?

赤ちゃんの肌が紫外線に弱く、日焼け止めを使ったほうがいいということは分かったと思いますが、それでも年がら年中赤ちゃんの肌に日焼け止めを使うというのはどうだろうと不安に思う方もおられると思います。
屋内いるときや紫外線を気にしなくてもいいタイミングではやっぱり使いたくはないですよね。赤ちゃんの肌に負担をかけたくはないので、日焼け止めを使ったほうがいい時期や時間帯を一緒に考えてみたいと思います。

太陽を感じる子供たち

紫外線というのは4月~9月の午前10時から午後2時までがピークと言われています。
猛暑などの天候には地球温暖化の影響があるのですが、それでも日本では紫外線のピークはおおむねピークの時期や時間帯はこの通りだとわ言われています。

この時期や時間帯を考慮して赤ちゃんとのお出かけやお散歩などをするというのがいいと思います。
短時間のお出かけの場合は日焼け止めの肌への負担を考えると、帽子やサンシェードなどを用いて日焼け対策をするなどの工夫をするとよいでしょう。

また例外として最近はベビー服でもUVカット機能がついているものも多く目にするようになってきました。赤ちゃんの紫外線対策はやりすぎるとかわいそうに感じる場合もあるのですが、普段からできるようなものの中でも付加価値がついているアイテムを利用するというのもいい選択肢になってきましたね。
車のチャイルドシートがる部分のガラスにUVカットアイテムを設置する、寝ている赤ちゃんに直射日光を当てないようにするなど、普段できるちょっとした工夫が赤ちゃんを守るために必要なことでもあるんです。

お花見
赤ちゃんを連れてのお花見はいつから?どんな持ち物が必要になる?

お花見は大人だけだと準備だけでも楽しいのですが、赤ちゃんもつれていくことを考えると様々なことに注意しなければなりません。どのくらいの期間から連れて行ってもいいのか、どのような持ち物が必要になるのか、お ...

続きを見る

 

関連ページと広告



-育児

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2019 All Rights Reserved.