35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

パパが日曜大工にはりきっている

体験談 夫婦 育児

パパの気持ちは空回り?

投稿日:

パパからのプレゼント

主人が2歳の娘のクリスマスプレゼントに
おもちゃのキッチンを作る、
と言い出しました。

その日から毎週末ホームセンターに通い、
コツコツと作り初めました。

子供用のキッチンのおもちゃ

そして、クリスマス当日にうやうやしく登場させました。
彼女の一言目は

「あ~...」でした。

ちょっと思っていた反応とは違いましたが、
スルーしてキッチンの使い方を説明しました。

蛇口やコンロ、シンクもあります。
素人にしてはなかなかの出来ではないでしょうか。

そうやって使うの?

一通り説明を受けたあと、
彼女はシンクに興味を持ちました。

シンクを思わせる小さなステンレスのボウルです。
しかし、それが外れるとわかると、
おもむろにかぶりました。

一般的な調理用のステンレスボウル

そしてそのまま絵本を読み始めました。
何だか違う...
というような顔をしていた主人でしたが、
まぁそのうち遊ぶであろうと思っていたようです。

結果的に彼女は、
そのキッチンをキッチンとして使用する事は
一度もありませんでした。

その日から、室内でやたらとボウルをかぶって
歩き回っていました。

そして何を思ったのか、
おもちゃのキッチンに掛けておいたタオルを
首の後ろに入れ込み、
おままごと用の包丁を腹巻きに差したのです。

そして一言、「オイシイマン参上?」と。

スーパーマンになりきって遊ぶ子供

オイシイマンって誰なんでしょう。
私は初めて聞く名でした。

それから戦いを挑まれました。
しばらくやって満足したのか、
丁寧にマント(タオル)をたたみ、包丁を戻し、
ボウルを所定の位置へ戻しました。

キッチンはオイシイマンの変身キットを
置くための場所になったのです。

私が面倒臭くなって、

適当にオイシイマンの相手をしているのに気付き始めると、
今度は掃除機に対して戦いを挑むようになってしまいました。

掃除機をかける音がすると、
何をしていても一旦中止して、
慌てて変身します。

上手くタオルが挟めなかったり、
包丁がなかったりすると泣いて訴えてきます。

変身が完了すると、掃除機相手に本気モードです。
なかなかやっかいな事になったな、と思いました。

オイシイマンはしばらく出現し続けました。
しかし、年齢と共に回数も減り、
飽きたのかいつしかやらなくなりました。

いつしか妹も

数年後、妹が生まれました。
物置と化していたキッチンの上を片付け、
いつでも遊べるように準備しました。

そして彼女もまた、
誰が教えたわけでもないのに真っ先にボウルをかぶりました。

どうしてみんな同じ事をするのでしょう。
私にもかぶれ、かぶれ、とうるさいので
試しに頭にのせてみました。

少し小さすぎるものの、
それはヒンヤリと冷たく、
かぶり心地は悪くありませんでした。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-体験談, 夫婦, 育児

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.