35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

体験談

ママしっかり!公園での子供のケガ体験談

投稿日:

%e3%81%a1%e3%81%b3%e3%81%a3%e3%81%93

公園の危険!こども怪我体験

男の子だったせいなのか、とにかく活発で
目を離すと何をやり出すかわからない赤ん坊でした。

そのせいか歩き始めるのがとても速く、
1歳になる頃にはもう歩く事が出来るようになっていて、
その分家の中にいると退屈なのか、
外に行くことをねだるような仕草が多くなり、
私も時間の許す限り外に連れ出していました。

いつも同じところだとつまらないので
時々少し離れたところにある
県営の大きな公園まで車で出かける事もありました。

その日は時間的に少し遅くなってしまっていたのですが、
何となく退屈だなと私自身が思ってしまっていたので、
夕方にもかかわらずわざわざ車で
その公園まで遊びに行ったんです。

%e6%bb%91%e3%82%8a%e5%8f%b0%e9%9a%8e%e6%ae%b5

小学生くらいの子供が遊ぶ遊具でしたが、
私が補助をすれば遊べるくらい
足腰がしっかりしていたので補助をして登らせてあげました。

高さにすると1メートルくらい、
広さが1メートルないし1.5メートル位の台の上で
私が手前の方にいて、子供が奥に行くと
ちょっと手が届かなくなるような位置関係になっていました。

(あ、まずいな…)

と咄嗟に思ったんです。手が届かない範囲に行ってしまうと
柵のない台だったので間違いなく落ちてしまいます。

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a0%e5%ad%90%e4%be%9b

そう思って反対側に回ろうとした瞬間でした。
子供の身体がよろけたんです。

ああいった瞬間も、時間がゆっくりに感じるものなんですね。
子供がゆっくりと落下していくように感じたんです。
あの感覚は今思い出してもゾッとします。

落ちて泣き出した子供を抱きかかえ、
広い公園をとにかく走りました。

公園の管理人室で子供を連れて行けるような病院が
近くにないかと尋ねたのですが、
どうにもはっきりしません。
誰もそういった事には詳しくなかったようで、
仕方なく自分で探す事にしました。

すぐ近くに病院はあったのですが、
小児科の無い病院だったので
そこ以外の病院を探してみたのですが、
結局見つからずその近くの病院に戻り、
外科の診察を受けました。

顔面の擦過傷が酷かったのですが、
先生はテキパキと看護師さんに
指示をして消毒をしてくれました。

%e5%8c%bb%e7%99%82%e5%99%a8%e5%85%b7

先生は「何か心配な事はないか」と聞いてくれたので、
「頭の後ろの方を打ったのではないかと心配だ」と伝えました。

私の祖父が頭の後ろの方を骨折して亡くなっていたので、
それがとても心配でした。

すると先生は念のためにCT検査もしてくれました。
結局後ろの方ではなく、
おでこにコブが出来ている程度で済んだようで一安心でした。

ふと気が付くと、子供の服がびしょびしょ。
そういえば、念のために軽く傷口を洗おうなんて思って
公園の水道で洗った時に、かなり服に
かかっていたような気がしたのを思い出しました。

%e6%b0%b4%e9%81%93

看護師さんに着替えは持っていないのかと聞かれましたが、
短時間で帰るつもりだったので着替えは持っていなかったのです。
当然のことですが看護師さんは呆れ顔で、
バスタオルを貸してくださいました。

まあ当然のことですね。
赤ちゃんですからいつ何処で何が起こるかわかりません。
着替えは常時持っていて当然です。

この時の恥ずかしさも未だに覚えてます。
穴があったら入りたいっていうのは、
こういう感覚なんだな… と思いました。

数日、病院に通って消毒をしてもらいましたが、
しばらくかさぶたは残ってしまいました。
もう10年も前の事ですが、
よく見るとまだ鼻の下に痕が残っているので、
その傷を見ると当時を思い出します。

体験して得たもの

あの時の教訓は、
「子供の動きは事前に察知しろ、特に男の子は考える前に動く!!」
という事と、
「どんなに近くでも着替えは持って行くべし!!」
という事でした。

事前に察知する事で、ヒヤリとすることは減りますし、
着替えさえ持っていれば… と恥をかくことも無くなります。
子供のトラブルのほとんどは「危険」と「汚れ」関係ですから。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-体験談

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.