35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

健康

下剤の使い過ぎには要注意!産後の便秘解消法特集

投稿日:

長い妊娠期間を経てやっとかわいい赤ちゃんに会えたと思っていたら産後に便秘が悩みの種になってしまう…このような方は決して少なくありません。

トイレで便秘に苦しむ女性
このような状態が本当に長く続いてしまうと精神的にも体的にも良くありませんし、体の中に毒素が溜まることによって母乳の質も低下してしまいます。

ですので、まずは一時的な便秘の解消策として下剤を使うことは決して悪いことではありません。

ただし、あまり下剤や浣腸に頼り切ってしまうのも今後の体調や長い目で見た健康管理のためにも決しておすすめできることではありません。
そこで今回は、産後の早い時期での便秘に対して下剤を使って便秘を解消する際の注意点や、それと同時に産後の便秘を下剤や浣腸に頼り切りにならず、根本的に改善していくための注意点や気をつけたいことについて少しだけ詳しく見ていきたいと思います。

産後の便秘で下剤を使うのはいいの?

冒頭でもご紹介した通り、産後の便秘を解消するために下剤を使うこと自体は決して悪いことではありません。


便秘をそのままにしておくことの方がよほど体に良くなく、赤ちゃんに対して母乳で育てている方にとっても赤ちゃんにとっても影響が大きいため、あまりに何日間もまともに便が出せない状態であるならば、一時的な対処法としてやはり下剤を使った方が良いでしょう。ですが、あまり下剤を毎回のように使って排便をしてしまうというのもあまり賛成できることではありません。
健康的な自然排便ができる形に導いていく体づくりをしながら、今本当に悩まされている便秘を「解消するため」の下剤を使うことは決して悪いことではありません。

次の段落では、産後の便秘の原因とその解決策についてもう少し詳しく見ていましょう。

産後の便秘の原因と解決策

産後すぐの便秘については、原因が複数あります。
その原因をポイントとして挙げてみると…

  • 妊娠中からの便秘が悪化
  • お産の会陰切開の傷口が怖い
  • 母乳作りのために体内の水分が不足する
  • お産で急に羊水や血液が減ったため体内が水分不足になる

このような要素が産後の便秘の原因と言われています。
これの中に水分不足が2つの要因として挙げられているのはご覧いただくとお分かりいただけると思うのですが、体内の水分が不足するもしくは不足と認識してしまって、朝の中の水分を奪ってしまうということになってしまうと便がどんどん硬くなってしまって自然排便をしにくくなってくるんですね。
このような自然な排便のために必要な条件が欠けていて、便秘になりやすい不利な条件が揃っているのが産後の便秘の正体とも言えそうです。
その解消のためにはやはり水分不足を改善するということが1番大切な要素になるかと思います。
そしてその次にはやはり腸内環境の改善も必要になってくるでしょう。妊娠中からホルモンバランスの影響で便秘に悩まされていた方は、腸内環境が悪化していることが考えられます。
体内の水分不足と乳酸菌やオリゴ糖などを積極的に摂取して、便を柔らかく排出しやすい状態を整えてあげて腸の蠕動運動を利用して自然排便ができるように整えていくというのが1番大切で、それで足りない部分の今現在の便秘を解消するために、便秘薬を使ったり下剤を使ったり、場合によっては浣腸を使うということも良い方法ではないかと思います。ただしこれらをずっと慢性的に使い続けていると、次のような悪影響が考えられます。次の段落では、便秘薬や下剤、浣腸などをずっと使用し続けることによって考えられる悪影響を詳しく見ていきたいと思います。

会陰切開の傷口は大丈夫?

会陰切開の傷口に関してはしっかりと水分補給をして便をやわらかい状態にしておけば基本的に広がってしまう事はまずありません。

お産によって会陰切開や会陰裂傷などの傷を負ってしまい、それが気になって怖くて便意を我慢してしまうという方も多いのですが、基本的にそれを我慢すればするほどお腹の中で便はどんどん硬くなっていってしまいます。便が硬く大きくなればなるほどその恐怖感は増して行ってしまうので、もし便意が起こっているのであれば、その便が柔らかいうちにちゃんと出してしまいましょう。

また、便が柔らかければ傷口に対する恐怖感も和らぐはずです。そのためにも水分補給と同時に海藻類などに含まれている水溶性食物繊維(海藻類のネバネバ成分は水溶性の繊維質です)を摂ることで便を柔らかい状態を保つようにしましょう。

体の為にもお腹の中に宿便が溜まっている状態は決して良いのではありませんよ。

下剤や浣腸を使い続けるとどうなるの?

産後の一時的な便秘を改善するために浣腸や下剤をずっと使い続けると次のような悪影響が考えられます。

  • 自然排便のための腸の蠕動運動が弱くなる
  • 便意を感じにくくなる
  • 下剤や浣腸液に慣れて薬の効きが弱くなる
  • これらの薬剤や薬液が母乳の質を悪化させる

このような影響が考えられます。
このような悪影響は、長く自分自身の体の中に副作用として残り続けることが考えられるため、体の中に自然排便が行えない癖が身に付いてしまうといったことも考えられるため、できるだけこのような下剤や感情の連用は避けたいんですよ。

自然排便を促すためには運動も大切

先ほど産後の便秘を解消するために水分不足を解決することや乳酸菌、オリゴ糖などの摂取が大切になるとお話ししましたが、実はそれだけではなく、できる範囲で適度な運動を行っていく事も産後の便秘解消のためには大切な要因になってきます。これは腸の蠕動運動を活発化させるために行う事になります。
ダイエットでの適度な運動というと結構大変なイメージがあるかもしれませんが、実は便秘解消のための適度な運動というのは本当に簡単で自宅の中でしかも寝転がった状態でもできるものがほとんどなんですよ。
では早速そのための具体的な運動の方法をご紹介したいと思います。

便秘解消のための“お腹ねじり”運動

便秘解消のためのお腹捻り運動というのは、朝起きたときに、ベッドやお布団の中で行うことができます。
まず呼吸を一旦整えるために大きく深呼吸をして、息を吐きましょう。落ち着いたら両腕を少し開き気味にして楽な姿勢にして手のひらを床面に向けてください。そして両足を閉じて膝を90度位になるまで曲げましょう。この時両膝は足を閉じた状態にします。そして次に、息を吸って大きく腹式呼吸をするようにゆっくり上半身の形が両方とも床にくっついた状態で、両足を左右にそれぞれ1回ずつできる範囲で構いませんので直していきます。この時あくまでも両肩が足を倒したときにそれに沿って形が浮き上がってしまわないように注意してください。そしてその動きはできるだけゆっくりやるようにしましょう片側5秒ずつ時間をかけるつもりでゆっくり治していくのがベストです。両方で5秒ずつかけてゆっくり治したら最後はまっすぐに戻してきて息を吐いてください。これでリラックスします。ここまでを1セットとして、毎朝3セットほどこの動作を行います。
こうしてお腹を捻るような動きを加えることによって、腸の蠕動運動を活発化していて少しずつ自然排便も出来るようなお腹の動きを整えていくということなんです。

下剤や浣腸の使用はほどほどに

ここまで見てきた通り下剤や浣腸というのは一時的なひどい悪化した便秘を改善するために使うことは決して悪いことではありません。ですが、それがあまりにも慢性化して、毎回下剤や浣腸に頼って出さなければいけなくなってしまうほど薬に頼りきりになってしまうというのは決して良いことではありません。
乳酸菌やオリゴ糖、そして水分補給を積極的に行って、なおかつ毎朝、腸の蠕動運動を活発化させるため2 1分で行えるお腹捻り運動なども行いながら自然排便が気持ちよくできるような体作りを行っていきましょうね。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-健康

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.