35ナビ/産後ナビ 産後のママ応援団

産後ナビ│35ナビ頑張れママさん

未分類

産後に膣が臭い!原因や対策はどうすれば良いの?

投稿日:

産後の授乳中に膣が臭くなってしまうと旦那さんに言われたことありませんか?

妊娠中はずっと我慢をしていた夫婦の夜の性生活をやっと落ち着いて再開させることができると思ったのに膣が臭いなんて言われると本当にがっかりしてしまうし腹立たしいですよね。
また、お産によって自分自身何かの感染症にかかってしまったのではないかと病気が心配になったりすることもあるかと思います。

そこで今回は、産後に性生活を再開させる邪魔になってしまう「産後の膣の匂い」について詳しく見ていきたいと思います。
そのための解消法がちゃんとありますし、専用の洗浄液などもありますので、そちらもご紹介していきたいと思います。

また、場合によってはヒリヒリするような痛みを感じたり違和感を感じるという方もいらっしゃるかもしれませんので、
その場合は検査が必要になりますそれも病院に行かなくてもできるものがちゃんとありますので、そちらもご紹介していきますね。

産後に膣が臭くなるのは普通のこと?

産後に膣が臭くなるというのは、実はほとんどのママが経験されていることなんです。
もちろん臭くなるといっても臭いの種類があるのですが、生臭くなったり、おりものが増えてチーズ臭くなったりするような匂いの場合は、ほとんどが産後に排出される悪露の匂いが残ってしまうことなどが原因として考えられます。

膣が臭くなってしまう原因は?

先ほど、産後授乳中に膣が臭くなってしまう原因のほとんどが悪露の排出が十分に行われていない可能性があるとご紹介しました。
それによって、膣内環境も細菌バランスが崩れてしまって臭いが気になるというケースがあるんです。
ほとんどの方はそれを経験されるようなので、もしかしたら私だけなんて気にする必要はありません。
ただし、産後の至急の戻りが順調に進んでおらず、痛みを感じたり、回復が10分ではない場合も考えられます。また、お産の時に感染症にかかってしまって、その進行がゆっくりな場合ははっきりとした自覚症状あまり感じられないのに膣が臭くなるという形で現れるということもあるようです。
この場合は病院でちゃんと検査をしてもらいましょう。

石鹸で洗っていいの?


普通の石鹸で洗うという事は避けた方が良いでしょう。
もちろん、普通の石けんでも外陰部を洗うことはできます。
ですが膣の中に含まれている細菌バランスを整えるための常在菌を
普通の石鹸で洗い流してしまうのは実は本当に感染症を招いてしまう危険性があるので、とても危険なことなんです。

膣内環境というのは、実はこの常在菌によって常に酸性に保たれており、この賛成の粘液があることによって初めて外部からの雑菌を退治することができる免疫力を持っているんです。この免疫力を維持し続ける事が細菌性膣炎などの感染症を防ぐことにつながります。細菌性膣炎という病気は、カンジダ膣炎やトリコモナス膣炎などに分けることができるのですが、基本的に膣内環境の細菌バランスが整っているとこれらの症状は起こりません。
ですので、膣内を洗うための専用の洗浄剤を使うことが1番大切なんですね。
最近では乳酸菌を使ったジェルタイプ膣内洗浄剤も市販されています。ドラッグストアや薬局ではなく、通販で販売されているものが多いようですよ。
また、このような膣内洗浄アイテムは、普通にスタッフなどにレジを通してもらって買うような対面購入をするのが恥ずかしいという方も多く、そういったことも通販でこれらの商品が販売される理由になっているようです。

産後に膣が臭い!その対策のまとめ

産後の授乳中などに、実のにおいが臭くなるというのは、ほとんどの産後間もないママが感じる悩みと言われています。
通常の経膣分娩の場合は、物の排出は必ず行われますし、帝王切開でも胎盤を取り除いたり、地球内部の胎盤が剥がれたものの外壁の分泌物などが残っていたりすることもありますし、血液も混ざっています。そのため生臭くなってしまうような匂いを感じたりすることがあるのですが、これもしっかりと専用の洗浄剤を使って膣内の細菌バランスを整えるように清潔に保ってあげることで、少しずつ解消されていくんですね。ですので決して慌てたり悲しんだりする必要はありませんよ。
ですが、痛みやヒリヒリするような感覚や違和感といったものを感じる場合はカンジダ膣炎やトリコモナス膣炎のような感染症にかかっている可能性もあり得るため、痛みや違和感を感じる場合は産婦人科に相談にいきましょう。

スポンサーリンク

関連ページと広告



-未分類

Copyright© 産後ナビ│35ナビ頑張れママさん , 2018 All Rights Reserved.